カラコンを買うために

これまで、度が入っていないカラコンは、専門店などに行けば気軽に購入する事が出来ました。しかし、2009年から度が入っていないカラコンに関して、処方箋が必要になりました。一般的な度入りのコンタクトレンズを作るときには、当然眼科を受診して、処方箋を用意してもらう必要があり、度なしのカラコンには必要ありませんでした。

しかし、これからは眼科を受診して、眼球のカーブをチェックしてもらったり、視力を確認してもらったりした上、処方箋を用意してもらう事が必要になりました。この大きな理由として、やはり目のトラブルが多く発生してしまっている事が影響しているでしょう。処方箋がないと、自分の目にあっていないカラコンをつけたり、目の状態が悪いのに無理に使用してしまっていたりする可能性があるのです。

もちろん、目に負荷をかけすぎると、トラブルを起こしやすくなってしまいます。そもそも、コンタクトレンズ自体、目に酸素を行き届きにくしてしまうものであるため、眼球に良いものではありません。カラコンを使っておしゃれをしたいと考えられる方は多いでしょうが、せめて眼球を大切にするためにも、眼科を受診してから、カラコンを買われることをおすすめします。フォーチュンコンタクト